インターフェース説明:
  • 契約取引注文
請求URL:
  • https://apiv2.bitz.com/Contract/addContractTrade
請求方法:
  • POST
パラメータ:
パラメータ名 必須 タイプ 備考
apiKey はい string ユーザーが申請したapiKey
timeStamp はい string 現在のタイムスタンプ
nonce はい string ランダム6文字
sign はい string パラメータ署名を請求
contractId はい int 契約ID
price いいえ float 価格,もし転入のタイプはmarketであると,priceを転送する必要がない
amount はい int 契約枚数
leverage はい float レバレッジ倍数
direction はい int 委託方向 1: ロング;-1: ショート
type はい string 委託タイプ limit: 指値注文; market: 成行注文,文字列は小文字にする必要である
isCross はい int クロスかどうか 1: クロス,-1:非クロス

どのように請求パラメータにサインしますか? ユーザーが提出したパラメータ(signを除く)、全てのサインが必要です。 まず、未サイン文字列がパラメータ名列に基づいて並ぶ必要がある(すべてのパラメータ名の頭文字を比較し、abcd順に並ぶ。もし頭文字が同じ場合、2番目の文字を見てください。これによって類推する)。 例えば:以下のパラメータにサインする場合 apiKey=376892265asdad5d12726d8bbfbd8912b3&timeStamp=1510235730&nonce=309127&contractId=101&price=1&amount=1&leverage=10&direction=1&type=limit&isCross=1申請したsecretKeyを接続する(値だけを書き、変数名を書く必要がなく、'&'を書く必要もない) 例えば: secretKey=aQmE8U7bxj16KdJcSd3yX8F8Sakd8aO6LopnHXh27d4kWyb28PxcaTvGrajLDvAw 接続後の署名列: apiKey=376892265asdad5d12726d8bbfbd8912b3&timeStamp=1510235730&nonce=309127&contractId=1&price=1&amount=1&leverage=10&direction=1&type=limit&isCross=1aQmE8U7bxj16KdJcSd3yX8F8Sakd8aO6LopnHXh27d4kWyb28PxcaTvGrajLDvAw ご注意,"sign"はサインである必須のパラメータ。 最後,32位md5アルゴリズムを利用して,最終の未サイン文字例にサインの操作をする。それにしたがって、署名結果文字列を取得する(該当文字例はパラメータsignに割り当てられる)。

結果実例に戻す:
{
    "status":200,
    "msg":"",
    "data":{
         "orderId":710370//注文ID
    },
    "time":1533035297,
    "microtime":"0.41892000 1533035297",
    "source":"api"
}

results matching ""

    No results matching ""