インターフェース説明:
  • 私の委託履歴を取得
請求URL:
  • https://apiv2.bitz.com/Contract/getContractMyHistoryTrade
請求方法:
  • POST
パラメータ:
パラメータ名 必須 タイプ 備考
apiKey はい string ユーザーが申請したapiKey
timeStamp はい string 現在のタイムスタンプ
nonce はい string ランダム6文字
sign はい string パラメータ署名を請求
contractId はい int 契約ID
page いいえ int デフォルト1 範囲:1-10
pageSize いいえ int デフォルト50 範囲:1-50

どのように請求パラメータにサインしますか? ユーザーが提出したパラメータ(signを除く)、全てのサインが必要です。 まず、未サイン文字列がパラメータ名列に基づいて並ぶ必要がある(すべてのパラメータ名の頭文字を比較し、abcd順に並ぶ。もし頭文字が同じ場合、2番目の文字を見てください。これによって類推する)。 えば:以下のパラメータにサインする場合 apiKey=376892265asdad5d12726d8bbfbd8912b3&timeStamp=1510235730&nonce=309127&contractId=1申請したsecretKeyを接続する(値だけを書き、変数名を書く必要がなく、'&'を書く必要もない) 例えば: secretKey=aQmE8U7bxj16KdJcSd3yX8F8Sakd8aO6LopnHXh27d4kWyb28PxcaTvGrajLDvAw 接続後の署名列:apiKey=376892265asdad5d12726d8bbfbd8912b3&timeStamp=1510235730&nonce=309127&contractId=101aQmE8U7bxj16KdJcSd3yX8F8Sakd8aO6LopnHXh27d4kWyb28PxcaTvGrajLDvAw ご注意,"sign"はサインである必須のパラメータ。 最後,32位md5アルゴリズムを利用して,最終の未サイン文字例にサインの操作をする。それにしたがって、署名結果文字列を取得する(該当文字例はパラメータsignに割り当てられる)。

結果実例に戻す:
{
    "status":200,
    "msg":"",
    "data":{
         {
            "orderId":"732204",//注文ID
            "contractId":"101",//ID契約
            "price":"8000.00",//注文価格
            "amount":"500",//注文枚数
            "type":"limit",//委託タイプ,limit:指値注文,market:成行注文
            "leverage":"10",//レバレッジ倍数
            "direction":"1",//委託方向,1:ロング,-1:ショート
            "orderStatus":"1",//委託状態,0:未完成,1:完成した,-1:キャンセルした
            "isCross":"-1",//クロスかどうか,1:はい,-1:いいえ
            "available":"0",//残りの委託枚数
            "time":1557993999,//委託時間
            "pair":"BTC_USD"//契約市場
        }
    },
    "time":1533035297,
    "microtime":"0.41892000 1533035297",
    "source":"api"
}

results matching ""

    No results matching ""